ファミリー

FPの選び方

福岡で保険の相談できるファイナンシャルプランナーを選ぶなら、無料相談を行っている人を選ぶことです。中立的な立場で、保険の相談に乗ってくれますので最適な保険プランを提案してもらうことができます。出張も無料です。

地図とパスポート

留学中の病気や事故

海外留学保険を選ぶときは補償範囲を確認することが大切です。自分が病気や怪我をしたときだけでなく、個人賠償責任まで補償される保険もあります。反対に必要のない補償を削れば、保険料を安くすることができます。

説明

加入で所得の一部を控除

生命保険や介護医療保険に加入すると、支払った料金に応じて一定の割合で、所得が控除されます。これにより所得税の支払い額が少なくなるので、保険加入は節税対策になると言えます。ただし会社での年末調整、あるいは確定申告での手続きが必要です。具体的には、所定の用紙に記入し、控除証明書を添付して提出するのです。

グラフ

出張で相談

福岡でファイナンシャルプランナーを探すなら、無料相談を行っているFP事務所を探すとよいです。基本的にFP相談は無料で行っているところが多く、事務所で相談が難しくても自宅に出張してきてもらって相談もできます。

ウーマン

何かの時に安心です

海外留学保険は、安心して留学先に旅行するために大切な保険です。留学先で万が一のことがあってもスムーズに提携病院に行くことができ、安心の保障が受けられます。是非、渡航前に自分に合う保険を選び安心して留学しましょう。

相続税や贈与税対策

スーツの人

生保保険を活用する方法

節税対策として生命保険を活用することが可能です。節税対策に有効なのは、掛け捨てタイプではなく終身保険や個人年金などお金が戻ってくる積み立てタイプで、相続税や贈与税の節税ができます。相続税や贈与税が発生するときは、資産価値が高ければ高いほど多額の税金が課せられます。相続税では、1000万円以下であれば10%、3000万円以下では15%、5000万円以下では20%、1億円以下では30%の税率です。資産が多いほど税率が上がるため、節税対策が必要です。相続税の節税対策として一般的に利用されているのが一時払い終身保険になります。契約者が死亡すると保険金はみなし相続財産という扱いになるものの、非課税枠の対象でもあるため、一法定相続人当たり500万円までの保険金は課税されません。ただ、円建ての一時払い終身保険は少ないので、外貨建ての保険を選ぶ可能性が高いです。外貨建ては貯蓄性に優れていますが、為替リスクには注意する必要があります。それから生前贈与は相続税よりも税率は低く、年間110万円までの贈与の場合は非課税です。ですから、毎年110万位以内に治めて贈れば、死亡後に相続人が相続税を払う必要もありません。しかし、相続人の無駄使いが心配であれば、相続人が受け取ったお金で被相続人に終身タイプか個人年金タイプの生命保険をかけるというのも一つの方法です。相続人には所得税はかかるものの、一時所得となるため負担は軽く済みます。

Copyright© 2017 節税対策には生命保険が役に立つ!【負担費用を減らす方法とは】 All Rights Reserved.